永久脱毛が体に悪い!?副作用やトラブルまとめ

永久脱毛は基本的に体に悪い作用はない!

永久脱毛の副作用で病気になることを心配する人もいますが、レーザーに使用している光は遠赤外線のため皮膚ガンなどのリスクはありません。心配なく施術を受けましょう。
日本医学脱毛協会がしっかりと肌トラブルや問題について研究しているため、安心して受けられる施術となっているのです。クリニックで受ける医療レーザーであれば、肌トラブルが起こった場合でも対処が早いため副作用などの問題も起こりにくくなっているのです。

永久脱毛による副作用

永久脱毛は、医療機関でしか受けることの出来ない効果の高い脱毛方法です。現代ではレーザーを使用して行うことが最も一般的となっています。
施術後の副作用は、基本的にはないと言われています。体の表面に対して施術するものなので、内臓に影響するようなことはないと考えられているのです。脱毛のレーザーは赤外線に近いものなので、主に紫外線が原因となって発病する皮膚がんの心配も当然ないでしょう。
ただ、通常は一時的なものですが、皮膚に赤みが出る可能性はあり得ます。
レーザーの出力によっては、火傷の危険もないわけではありません。また、脱毛後毛膿炎(毛包炎ともいわれる)になることもあります。毛膿炎とは、ニキビのようにも見える皮膚の炎症です。何らかの理由で皮膚が弱くなるとかかりやすくなり、脱毛が原因で起こることもあります。医療脱毛でも、万が一のことが絶対にないとは言い切れません。
永久脱毛クリニックは慎重に選びましょう。

永久脱毛で汗が増える?

永久脱毛を行った人の口コミの中には、ワキガまで解消されたと書いている人がいますが、それは大きな勘違いです。もともと毛がある理由は、汗を吸い取るために生えているわけで、脱毛して毛をなくしてしまえば、汗を吸い取るものがなくなり、したがってワキ汗が増えてしまうのが現実です。ワキ毛を処理するのはエチケットとして行いたいと女性ならほとんどの人がそう考えますが、実は人体のしくみに反した行為なため、副作用が出てしまうのはやむを得ないことなのです。

永久脱毛で起こる肌トラブルとは?

永久脱毛を受けた時に起こる肌トラブルはいくつかあります。
まず、照射後に皮膚の赤みや腫れなどが見られることがありますが、翌日には収まる場合が多いです。
もともと毛が太くて濃い部位は、レーザーが強く反応するため、炎症などが起こりやすいと言われています。
また、レーザー脱毛は肌に熱エネルギーを加えて行う施術のため、敏感肌やアトピー肌などデリケートな肌の人や、レーザーの出力が強すぎると、軽度の火傷が起きる場合があります。
しかし、最近は技術や機器の向上により、痕が残るような火傷が起きることはなく、一時的な症状で収まるケースが多いとされています。
そして、脱毛した部位が乾燥してかゆくなることがあり、その場合は冷たいタオルで冷やしたり、敏感肌用の化粧水でしっかりと保湿することが重要です。
肌トラブルを防ぐためには、カウンセリングの時にしっかりと確認することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です